fc2ブログ
子供や猫の写真。寮生活をした時のお話し。りんごの目線。
プロフィール

アップル

Author:アップル
こんにちは。
アップルママです(●^o^●)

愉快な(?)お料理や、子供、
黒猫のクロちゃんの写真を載せています。

今日この頃や、寮生活をした時のお話しもあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
青山高原1

 こんにちは、アップルです。

 先月、車の免許の更新に行って来ました。
朝早く家を出たので時間に余裕があった為、青山高原へ寄って来ました。

 青山高原へは何度か行った事はありますが、
今回初めて裏ルートと呼ばれる、国道163から県道512を走る
ルートで行って来ました。
 「裏」って呼ばれているから、裏なんだろうなぁ位に思っていましたが、
一度走ってみようと挑戦。

 すごかったです(笑)。(個人の感想です。)

 「ポツンと一軒家を取材しに行く雰囲気。」と例えたら
近いのではないかと思います。

 まあ、ぐねぐねと。
薄暗いスギ林の間を走り、明るくなって来たので頂上付近かな?
と思ってからが、長かったです。

 早朝だった事もあり、対面する車には一台も出合いませんでしたが、
何処で待避するんでしょうね?
 
 もう、二度と走らない(笑)。





青山高原2

 青山高原山頂付近。

 景色は霞んでいますね。
お天気が良いと、伊勢湾が見渡せます。




青山高原3

 早朝の風車群。





グランドゴルフ

 さて、こちらは、グランドゴルフのコースです。

 三密にならないって事で、時々ゆうくんと行きます。




グランドゴルフ2

 











スポンサーサイト



もいこちゃん

 こんにちは、アップルです(●^o^●)

 もいちゃんが、先日から帰って来ています。
もいちゃんのベビー『もいこちゃん(仮)』も一緒です。

 もいこちゃんは、1歳になりました^^。

 もいこちゃんのお家は北海道。
連日、雪のようです。
こっちは寒さがましだよね(笑)。




あんぱん

 今日は、こっちのママ友さんとそのお子さんで、
アンパンマンミュージアムへ行ったそうです。

 沢山遊んで楽しかったかな^^?

 お土産のパンと、入場記念のタンバリン。
くまさんのポシェットは、ママ友さんからの
プレゼントなんだって。良かったね(^0^♡)
 




     
 いつも読んでくださって、ありがとうございます(●^o^●)


お花

 こんにちは、アップルです(●^o^●)

 甥っ子くんが、お花の勉強中なんですって。
将来、お花の仕事をするのかな?
アレンジメントをプレゼントしてくれました^^。

 すごいなぁ。綺麗だなぁ~(///ω///)♪





お花1

 
     


お花2

 加工してみました。
 



 いつも読んでくださって、ありがとうございます(●^o^●)




bゆうくんスタイル

 初めての海外旅行という事で、
何をどの程度準備すれば良いのかな?と
色々考えて、そして他の方がエジプト旅行に行った事を
書いたブログやインスタを拝見して
参考にさせて頂きながら準備しました。

 アップルは、1泊~3泊用の小さめのスーツケース
 (もいちゃんの出産祝い返しのカタログで貰った。)
と、機内持ち込みバッグを用意しました。

 ゆうくんに持って貰うのに、もう少し大きいスーツケース
も用意したかったので、新たに買いました。
 色は、ゆうくんが真っ白が良いと言うので
真っっ白を買いました(笑)。
 この真っ白がどうなるのかも、少し楽しみでした(笑)。
 ゆうくんが、目印にいくつかシールを張っていました。

 (旅行が終わって、真っ白が、それなりに薄汚れました(笑)。)

 ツアー会社のバッヂは、見える所に付けました。
観光場所で現地ガイドさんから、
入場チケットを受け取る時等に
ツアーグループとは関係ない人(外国の方含む)が
紛れ込んでチケットを受け取るトラブルが時々
あるので、付けておく方が安心だと思いました。



aバックの中身

 ゆうくんの機内持ち込みバックの中身は、こんな感じです。

 一番遊んでいたのは、チカバルーンでした(笑)。

 アップルの機内持ち込みバックは、
持ち込みサイズOKぎりぎりの大きさです。
 中身は、
ショルダーバック、オットマン、トレーナー2着(機内の冷房対策)、
ロストバゲージ用の着替え1日分です。
 貴重品はスーツケースに入れませんでした。
小分けにして機内持ち込みに。
 クレジットカードは、今回のツアーでは出番はありませんでした。
食事は付いているし。
高価なお土産(黄金や絨毯)は買わなかったし。
 ちなみに、トラベラーズチェックは使えないとの事でした。

 荷物の準備は取りあえず、こんな感じにしました。




c電子機器

 電子機器は、機内モードに設定。

 ゆうくんは、電子機器のゲームは持って行かないと
言っていたので、変圧器を買っていませんでしたが、
当日になって
「やっぱり持って行く。」と^^;

 ゆうくんのゲームの充電器は、海外対応では
なかたので、結果、あまり遊べないという事に(笑)。

 スマホとデジカメの充電器は
海外対応だったので、変換プラグのみ
購入していました。




e座席

 座席は、3席 3席 3席です。
ゆうくんが窓際です。
 ブランケットと枕(100均にありそうな)がありました。

 イラストは、前後の席を描いていませんが、
エコノミーなので座席前後は、それなりに狭いです。

 何度も書きますが、イラストはイメージです。

 ヘッドレストのもたれは、アップルは背が低いので
ギリ届く感じでした(笑)。

 窓際だったのでオットマン(空気を入れるタイプ)
が使えました^^。
通路側では使わないつもりでした。

 ツアーなので、席は好きな所を選べないので、
運ですね。

 アップルの隣は、同じツアーの男性の方でした。

 全てのツアーがそうなのかは分かりませんが、
今回のツアーは、追加料金を払えば、ビジネスクラスの
席を確保出来る様で、ご夫婦で参加されていた方が
ビジネスクラスを利用されていました。
 エコノミーからビジネスクラスへ変更出来るって、
知りませんでしたが、別のツアーで
『プラス26万円でビジネスクラス変更可』
って書いてあったので、多分このツアーでも
その位のプラス料金だったのでは?と、思います。


 離陸するまで、機内には異国情緒あふれる音楽が
流れていました。
 今からアフリカ大陸に行くんだと、気分が盛り上がる・・・
盛り上がらなかった人、ゆうくん(笑)。

ゆうくん  「音楽が、不快。ゆいいつ穏やか(まし)な所は、
       1小節しかない(笑)。」

 



d機内食

 セントレアを離陸して、間もなく夕飯が出ました。

 来ました!初めての機内食!

CAさん  「チキンおあヌードル?」

 チキンかヌードル!?麺!? 
チキンかビーフじゃないんですね?
 麺か・・・何だか鶏がらスープのいい匂い。
麺も美味しそうですね。
 でも、他の方のブログで
「チキンが美味しかった。」と書いていらっしゃったので、
チキンにしました(笑)。

 柔らかくて、まあ、美味しかったです。

 ご飯は、パラパラ。
っていうか、柔らかい砂利(笑)。

 アップルは硬く炊いたご飯(とかタイ米)が
好きなので美味しく頂けましたが、
ふっくらご飯が好きな方は、苦手に感じるかもですね。
 なので、このご飯にコーラのチョイスで、
充分美味しく頂けます。

 バターが美味しかったです^^。

 ゆうくんは寝ていたので、食べていません(笑)。




v機内3

 機内はそれ程寒くはありませんでしたが、
ゆうくんは寒がりなので、持って来たトレーナーをかけて、
さらにブランケットをかけていました。
 アップルはブランケットのみ。

 夕食の後、機内は暗くなりました。
前の席の座面に、タッチパネルのモニターが付いていました。
 映画が見たかったのですが、日本語字幕の物が見付からず^^;
ほとんど、エジプトの言葉か、英語。
 ブラックスワンが見たかったので見ました。
 (途中まで。)
 映画や音楽の他にTVもありました。
日本語のTVはNHK総合のみだったと思います。

 そういえば、ホテルは2連泊でしたが、
テレビは見ませんでした。
 エジプトの言葉ばかり(笑)。






駐機

 飛行機は、
「北京で1時間の駐機があります。」と、旅程表に書いてありました。
 駐機とは、なんでございましょう?と、思っていましたが・・・
北京で降りるお客さんがいて、
北京から乗って来るお客さんがいるって、事でした。

 お客さんが降りた後、お掃除をして下さる方が来て、
使い終わったブランケットの回収や、枕カバーの交換。
ゴミの回収。
 掃除機は、普通~の掃除機でした。
コードレスタイプとかじゃなくて。
 普通~に、ガーガーかける感じ(笑)。

 そして、男性(機長か誰なのかは分かりません)が、
1人ひとりに声を掛けていました。
「べいじん(北京)?」って。
アップルも聞かれました。
 寝ている人には、椅子を叩いて起こして聞いていました。
降りそこねたとかになったら、大変ですよね^^;

 という感じで、駐機とは「ぼ~っとしている時間」
という事が分かりました。





sビザ1

 エジプトはビザがいる国です。
カイロに着いたらビザ代を添乗員さんに渡します。(25アメリカドル)
添乗員さんが、皆の分を取りまとめて下さいます。

 係りの方が、
ツアーの皆にビザを配ってくれます。
         ↑
   シールになっていてます。

添乗員さん 「自分で、パスポートの好きなページに張って下さい。」

 なるほど^^。

ツアーの方 「結構大きいね。」
ツアーの方 「張るページがない。」





tビザ2

 アップルは、9ページに張りました。
1ページ分使う大きさです。





どん

 帰りの飛行機では、通路側になったゆうくん。
 食事時にりんごジュースを頼んだら・・・
CAさん同士がぶつかった弾みで
ジュースがこぼれてしまいました。

ゆうくん  「そーりーって、謝って拭いてくれたけど。
       日本やったら、大クレームやで。」



 トイレ事情ですが、基本的にチップが必要でした。
 2エジプトポンドで良いと聞いていました(1ドルなら、3人
入れるそうです)が、
アップルより先に(カイロ空港で)トイレに行った方が、
「2ドルって言われたから渡した。」と、おっしゃっていました。

 え?値上がりしたん(笑)?

 アップルも言われました。
「2ドル。」
 2ドルは無理って言って、1ドル渡しました。
出る時に、また
「2ドル」って、言われました。どんだけ(笑)。
「さっき、渡しました。」って、日本語で言って出て来ました。

 チップって、思うから違和感を感じるのかもですね。

現地ガイドさん 「バクシーシ、施し。『富める者は貧しい者に
           施しを』トイウ、教えがアリマス。」
 宗教の教えって思えば、違和感もなくなる・・・かも?

 「使用済みの紙を流す」という事はしないので、
トイレットペーパーは、個室内にあるごみ箱に入れました。



ジャー

 2日目に立ち寄った絨毯のお店。
ここは、トイレチップは要りませんでした。

 しかも、広くて奇麗。
ホテルのトイレ並みに奇麗でした。
 水を流すと・・・勢いがハンパない(笑)。
 
 どぅおーーーっ!!
 ジャバーーーッ!!

 びっくりする(笑)。

 エジプトってカラカラに乾いているし、水が無いイメージ
しかないけど、何処からこんなに大量の水が^^;?
日本でも、節水タイプが多いのに(笑)。

現地ガイドさん 「ナイル川がアルお陰デス。」

 そ、そうなんだ^^;
なんだか、しっくりこないけど。
 下水とか上水とか、どうなってるのかな?と。


 帰国の乗継でのアブダビ空港で
ゆうくん 「マクドナルドでポテトを食べたい。」
という事で、またマクドナルドに寄りました。

 単品のポテトLとコーラを頼みました。
商品はお店の人が運んでくれます。
座って食べるスペースは、カウンターから見えない位置でした。
 10分程待っても来ません。
 15分待っても来ません。
 そろそろ集合時間です。
広いので移動に時間が掛かるから、
もう行かなくては間に合いません。
 まだですか?ってカウンターに聞きに行ったら
店員さんがいなくなっていて、
どうやら忘れられていた様です。
 お年を召した男性店員さん?
に、お持ち帰りにしてって言ったら対応して貰えました。
 (日本語は通じないので英語です。)

ゆうくん 「日本やったら大クレームやで。」

 


 帰国して、セントレアでの入国審査は
顔認証になっていました。
 パスポートの顔写真のページを伏せて台?に置いて、
正面の鏡?に顔を映して認証されると入国出来る感じに
なっていました。便利。





エジプトポンド2

 エジプトポンド紙幣です。

 こちらが表の様です。





エジプトポンド1

 裏。 
写真は載せていませんが、おつりでコインを貰っています。




エジプトポンド3

 紙幣の印刷がずれています^^;
紙幣下の横のラインを見て頂いたら
よく分かるかと。
 偽札かと疑ってしまう^^;






エティハド1

 無事に日本に帰って来てから・・・。

 ゆうくんが食べたアーモンド入りのチョコレートの
包み紙を見て
「パッと見、エティハドって見える(笑)。」




包み紙

 その包み紙が、こちら↑(笑)。


 現地ガイドさんが、最後にご挨拶くださった言葉では、
「皆さんと、ひとつの家族の様な気がしました。」
と、そうおっしゃって下さいました。

 そうかもですね。
添乗員さんやガイドさんと離れてしまったら、
日本に帰れなくなるかも<( ̄□ ̄;)>
みたいな不安もあり。
 あまり離れすぎずに。
お互いに声を掛け合いながらとかもあり。
 国内ツアーでは、あまり他のご家族に干渉しない的な
ところがあります(個人の感想です)が、
海外ツアーは、良い距離を保って過ごす事が出来る
と、感じました。

ツアーの方 「初めてでエジプト!?」
ツアーの方 「もっと他の所にすれば良かったのに(笑)。」

 確かに遠かった(笑)。
 まあ、そんなこんなの、初めての海外旅行でした。


 続きを読むで、ひとつ動画があります。


⇒ 続きを読む
モハメッドアリモスク1

 では、6まいります。

 最終日になりました。

 朝7時45分頃、ホテルを出発しました。
モハメッドアリモスクを見学です。

 外から写真撮影のみでした。






モハメッドアリモスク2





モハメッドアリモスク3






モハメッドアリモスク6

 写真撮影をしている側から、物売りさんが
声をかけて来ます。

 写り込んでいる物売りさん、まだ少年でした。
ゆうくんより少し年上かな?
 コップとラクダのぬいぐるみを売っていました。

 他の物売りさんは、キーホルダーやマグネット、
ステッカー、ポーチ等を売っていました。
 日本語で売り込んで来ます。
「10枚センエン!!」
「じゅーまいセンエン!!まじセンエン!!」

 人だかりの中心で、物売りの人が何か言っていました。
 よく聞き取れませんでしたが・・・
「〇〇※\\@▲・・・サード、ながしまオンセン!!」
 
 長島温泉(笑)。よく知ってるなぁ(笑)。

 ポーチは、金色の糸で刺繍が入った
ラクダ柄のポーチと、カラフルな色のポーチを
売っていました。
 カラフルな方が可愛かったので欲しかったのですが、
 10枚もいらんなぁと思って・・・、
2枚で1ドルにしてって言ったら、ダメって言われました。
 1枚1ドルはOKだったので、1枚だけ買いました。

 そのポーチがこちら ↓

お土産3

 最後には、
「にじゅーまい、センエン!!」
って、言っていました(笑)。

 どんだけ(笑)。

 エジプトは、3大うざったい国、みたいに言われて
いるそうですが。
 確かに物売りの人は、しつこく売り込んで来ます。
でも、「のーせんきゅー。」って、断り続けたら
全然大丈夫でした。
 エジプトの言葉で断る時は
「のーしょこらん。」と、言うそうです。







車窓から15

 金や銀製品のお土産屋さんに立ち寄りました。

 建物に向かって左側に、カタカナが見えます。
日本人向けのお店のようですね。

 ゆうくんは、小さいクリスタルのピラミッドが
欲しいようで、20アメリカドルって言われたのですが
値切ったら、17ドルって言われました。
 粘ってみたら15ドルまで下げて貰えたので
その値段で買いました。

 他にお土産は、ピラミッドの形のチョコレートと
デーツのお菓子です。


お土産1の箱

 チョコレートの箱の写真がとても綺麗。




お土産1

 チョコレートは、ピラミッドの形をしています。
ミルク感は少なく、どちらかと言うと
ブラックに近いお味で、美味しいです。




お土産2

 デーツのお菓子。
種を除いて、乾燥さてせあります。
 種の代わりに、アーモンドが入っていました。

 ピラミッド型のチョコレートと、デーツのお菓子は、
どちらもバスの中で、現地ガイドさんが
紹介(販売促進)して下さった物です。

 合わせて
10箱買うと、1箱おまけが付きました。
 なので、チョコレート6箱と、デーツ4箱を注文して
チョコレートを1箱おまけに貰いました。

 現地ガイドさんが注文を取りまとめて、
工場にメールします。
 金銀製品のお土産屋さんの買い物が終わる頃、
工場の方がバスまでお土産を持って来てくれます。
 10箱で100アメリカドルです。
ちゃんと、日本人向けのお値段設定でした。


 続きでは、車窓からの眺めの動画があります。





⇒ 続きを読む
クフ王ピラミッド7

 では、5まいります。

 ピラミッドの外に出ました。
 疲れたけど・・・^^;
とても良い経験が出来ました。

ゆうくん 「中は暑かった。」 




lカメラ2

 預かって貰っているカメラを受け取りに、
添乗員さんの所へ戻りました。

 添乗員さん 「みなさんが戻って来るまでに、
          3人位の人に、そのカメラいくらですか?  
          って聞かれました^^;
          中国人はカメラに手を伸ばしてくるし・・・。」

 そうだったんですね。
 お世話かけました^^;

 中古のカメラ売っとるって、思われたのかしら(笑)。





パノラマポイント1

 パノラマポイントへ移動して来ました。
テレビとかで見た事あるわ、この景色^^。
  ここから見た景色だったんですね。

 ここへ来るには、別料金がいるらしいです。
 (今回参加したツアーには、含まれていました。)
 なので、他の観光客はいませんでした。

 足元に、コンクリートで固められている場所があります。
そこへ、係りの方が、椅子を並べ始めていました。
 夜になったらここで『音と光のショー』
 (オプション12000円)があります。
 ピラミッドのライトアップで、とても綺麗だそうです。






パノラマポイント22

 ピラミッドすごく綺麗。







パノラマポイント3

 カイロの街が見えます。





パノラマポイント4







ラクダ

 場所を移動しました。

 遠くにラクダが沢山います。
馬車をひく馬も沢山いました。

 ちなみに、ラクダや民族衣装を着ている人の写真を撮ると
チップを要求されます。

現地ガイドさん「警察官ヲ撮ッテモ、チップを要求されマスノデ、
          気ヲつけて下サイ。」

 


 ラクダに乗る料金は、1500円~3000円位だそうです。
交渉次第のようです。
 少し乗ってみたかったなぁ・・・と、思いました。
 他の方のブログで、
しつこく乗れ乗れと言われて乗った・・・とか、
しつこくついて来て、ピラミッドを半周・・・とか。

 ラクダに乗りませんか?って、言って来たら
乗ってみようかなと思っていましたが、
来なかったので乗りませんでした。
 自分から乗せてって言ったら、きっと高い値段を
言われると思うし・・・。





ラクダ2

現地ガイドさん「ラクダに乗ル時。乗ルのは、無料デス。
          デモ・・・降りるトキ、お金要リマス(笑)。
          お金払わナイト、ラクダしゃがんでクレマセン(笑)。」

 なるほど(笑)。

現地ガイドさん「ナカナカ降りない人、100ドル要求された人イマス。」

 わ~お^^;
ラクダに乗るのは、なかなか難しそうですね。




  


スフィンクス1

 スフィンクスの所へ来ました。





スフィンクス3

 写真ではよく分かりませんが、スフィンクスは
とても綺麗なお顔でした。






スフィンクス444

 この日の観光は、ここまでです。

 この日(4月)は、
最高気温23度位と、とても過ごしやすかったです。
ですが、夜は9度位まで下がるそうです。

現地ガイドさん「オプションのピラミッドのライトアップのショー
          に参加サレルカタ、ウワギを着テ下サイ。」
参加される方 「見て!ガイドさんの上着。
          ダウンジャケットΣ(T▽T;)」

 そんなに寒いの^^;?
 どうやら、かなり寒かったそうです。
 (参加した方談。)
添乗員さん 「4月でこれ程寒いのは、珍しいです。」

 アップルとゆうくんは、この旅行を申し込んだ時点で
このオプションも追加していましたが、
現地でキャンセル出来る(返金有)との事で、キャンセルしました。
 寒そうだったし、かなり疲れもあったので、
参加されない方とホテルで夕飯をとって、早めに寝ました。


 6に続きます。



赤いピラミッド

 では、4です。

 さて、赤いピラミッドへやって来ました。

 今日も写真はゆうくん撮りです。

 アップル的に、ここの写真を撮りたいなぁ、とか
もっと写真を撮って欲しいなぁとか思う事はありましたが・・・。
まあ、お任せしました。
 


 


屈折ピラミッド1

 屈折ピラミッドです。

 途中で曲っています。
その、「曲っている」という事に、にとても感動です。

 この後、階段ピラミッドと、絨毯のお店に行きましたが、
ゆうくんはバスで寝てしまって^^;
 階段ピラミッドの写真はありません。
午前の写真はここまでです。





お昼1

 昼食の時間になりました。

 ケバブとモロヘイヤのスープのランチです。

 ドリンクは別料金です。
バス移動中に添乗員さんがドリンクの注文を
取りまとめて、お店にメール送信する様です。
 マンゴージュースか、ミックスジュース、コーラ他。

 ウーロン茶を頼んでいる方がいましたが、
ないとの事でした^^;

 アップルは、美味しいと聞いていた
ミックスジュース(5ドル位だったかな?)を頼みました。
色が三層に分かれていて、上から
ストロベリー、グァバ、マンゴーです。

 飲めなかったら困るので^^;
ゆうくんにはコーラ(4ドル)を頼みました。
 ミックスジュースは甘くて美味しいけど、
ゆうくんはいらないって^^;
コーラ頼んで良かったです。




お昼2

 ご飯はパラパラで、軽く味付けしてあります。
香り付けかな?玉ねぎが少し入っていました。

 お肉は少しかたかったですが、
ゆうくんは「美味しい(´∀`。」と言っていました。

 パンみたいな物もあって、、小皿のペーストを塗って食べるの
ですが、ゆうくんは何も付けないで食べていました。





お昼3

 モロヘイヤのスープ。
 少しニンニクの味もします。

 写り込んでいる小皿のペーストは、
とても酸っぱい味でした。
 他に、茄子のペーストと、もう1種類ペーストが
ありました。
 茄子は、微妙(笑)。
 もう1種類は、食べていません。



お昼4

 デザートのお菓子。

 とっても甘いです。
どれくらい甘いかと言うと、
例えですけど、羊羹の端っこのカリカリの部分。
あの甘さみたいですね。
 あれが全部って言えば、例えられているかと(笑)。





クフ王ピラミッド1

 昼食の後は、3大ピラミッドの見学です。




クフ王ピラミッド2

 クフ王のピラミッド。

 とても大きいです。
テンションも上がります。





カフラー王ピラミッド1

 向こうに見えるのは、カフラー王のピラミッドです。

 まわりの後姿の方々は、同じツアーの方です。





カフラー王ピラミッド2

 大きくて、とても綺麗です。





クフ王ピラミッド3





クフ王ピラミッド4







クフ王ピラミッド5

 てっ辺に立ててある鉄の棒(?)は、避雷針ではなくて
崩れる前の元の高さを表しているそうです。





クフ王ピラミッド6

 クフ王のピラミッドの中に入りました。
入口っぽい所からは中に入れません。
その下の、人が集まっている所が入口です。

 管理している方が3人ほどいて、入場チケットを見せます。
 
 添乗員さんの説明では
「狭くて、天井が低い所があるので、
 腰を曲げて進まなければなりません。
 登りがキツイので、筋肉痛になる人が非常に多いです。」

 うわ~^^; 不安になって来た。

 でもゆうくんは、やる気満々(≧ω≦)b

 ピラミッドの中は撮影禁止だったので、写真はありません。





qカメラ2

添乗員さん 「みなさん!カメラは持ち込み禁止なので、
         ここへ出して下さい。
         みなさんがピラミッドの中に入っている間、
         私と日本語ガイドで見張っています。」

 との事で、一段高くなっている所より先に
カメラを持って行くのはダメな様で、みなさんと一緒に
カメラを出しました。

 ちなみに、このブログ内のイラストは全てイメージです。
 
 カメラを置いた所は、もっとクフ王のピラミッドに
近い所でした^^;うまく描けていませんね。

 所々で、土産物を売っている物売りさんもいました。





k階段?

 ピラミッドの中の階段?は、けっこう急で、
木の板に木の棒?角材?が付けてありました。

 手すりにつかまりながら登ります。

 イラストは、手すりは右側しか描いてありませんが、
両側にあります。




p通路3

 中は暗いです。当たり前ですけど^^;

 所々に、ライトが点いていました。

 天井が高い所は、まだマシですが・・・。



o通路2

 天井が低い所は、腰を屈めて進まなければなりません。

 しかも、通路はここしかないので、
上から降りて来る人と譲り合って進まなければなりません。



m通路1

 こんな感じです。

「すみません。すみません。」

 みたいな感じ。

 どこの国の人か分かりませんが、
みなさん譲り合っていました。

 ただ、途中で、むっとする暑さがありました。
今の季節でこの暑さだと、夏はもっと暑いのかな?と
思いました。






n中

 『王の間』に着きました。

 飾りなどはなく、シンプルな部屋と言う感じでした。

 石の棺がありました。
フタはなく、端が少し欠けていました。
 中を覗くと、大きいバスタブって感じ^^;
何の飾り気もない棺でした。
 考古学博物館で見た、黄金の厨子の様な
派手さはありません。
 綺麗なレリーフもありませんでした。

 でも、その石の棺が・・・。
何て言ったらいいのか。
近かったって言うか、優しかったって言うか・・・。
 イやな感じはありませんでした。

 見張りの男性の方が一人、椅子に座っていました。
側にライトが1つ置いてあり、明かりはこれのみです。
結構暗いです。
 その男の人の近くで、換気扇でしょうか?
ファンが回っていました。


 つづきます。

 
 いつも読んでくださって、ありがとうございます。




博物館13

 では、3まいります。

 博物館の壁際には、普通に棺桶が並べてありました。

 また出た(笑)。
 「取り敢えず置いとこ。」

 雨が降らないから大丈夫なのでしょうか?
貴重な物じゃないんですか(笑)?
 宝物が沢山ありすぎて、感覚まひしていません^^;?

 今、建設中の新しい博物館は
外観だけ見ました。バスの中から。

 それにしても、こんな短い時間では、
見学が全然全く足りないです^^;

 ツタンカーメンの黄金のマスクは
写真撮影禁止だったので、写真はありません。
 『黄金』とは、確かにすごいですが、
肩から胸にあたる部分に散りばめられている宝石に
感動しました。
 一粒ひとつぶ、丁寧に組み込まれた所が本当に奇麗でした。




x入口横
 
 入口横には、落とし物預かり所?みたいなのがありまして、
ポーチや水筒?等、様々な物が机に並べてありました。

 今回の見学中にカバンを落とした方がいて、
誰かが拾って届けて下さった様で、
しかも、カバンの中の現金も無事。
 こんな良い話もありました。

 この後、大きな市場
『ハン・ハリーリバザール』に立ち寄りましたが
ゆうくんは写真を撮りませんでした。






ホテル3

 ホテルに着きました。

 夕食はホテルのビュッフェです。
ドリンクは別料金でした。
コーラを頼みました。(4アメリカドル)

 ちなみに・・・。
 エジプトの通貨は『エジプトポンド』ですが、
アメリカドルでもほとんどのお店で使えるようです。

 この旅行に行くにあたって、
セントレアで、円をエジプトポンドに両替出来ませんでした。
 旅行代理店で、両替を代行してくれるサービスが
あるにはあったのですが、円をエジプトポンドに両替は
出来ませんでした。
 銀行でも出来ませんでした。

「円をエジプトポンドに両替出来ないって、
どうすりゃいいんだ?」
 って思いましたが、
カイロ空港で添乗員さんが、必用な分を取りまとめて
ドルからエジプトポンドに両替して下さったので大丈夫でした。

 でも、
後何年か経ったら、スマホ決済が普及して
紙幣の両替は必要なくなるかもですね。

 さてホテルですが、築年数はかなり経っているようでしたが、
綺麗にお掃除されていました。

 ホテルの部屋を掃除して下さる方へのチップも
ツアー料金に含まれていました。

添乗員さん 「渡したい方は、渡してもいいですよ。」
って、言い方だったので渡しませんでした。


 





ホテル1

 朝、中庭の景色です。

 とても素敵なプールがありました。

 





ホテル2

 お庭でゴルフが出来るそうです。

 アップル達は、本館から少し歩いた別館でしたが、
本館の部屋に泊まったご夫婦は、
「何か変な部屋でした。
 ベッドは階段を上がって上でしたよ。
 下にソファーとかがありました。」
って、おっしゃっていたので、
メゾネットタイプのお部屋だったのでしょうか。

 





放牧1

 7時45分頃、ホテルを出発。

 道路のすぐ横を、牛が列をなして歩いていました。

 放牧だそうです。
 

放牧2

 車窓からの景色の写真がしばらく続きます。



放牧3







車窓から1





車窓から2





車窓から3

ゆうくん    「屋上が汚い。日本だったら自治体から何か言われる。」

現地ガイドさん「ゴミを持って行ってモラウノに、お金が要りマス。
          貧シイヒトハ、持って行ってモラエマセン。」




車窓から4






車窓から5






車窓から7




車窓から8




車窓から9




車窓から10




車窓から11

 向こうに、
ピラミッドが見えて来ました。ドキドキワクワク !



車窓から12

 つづきます。

     
 いつも読んでくださって、ありがとうございます。




博物館1

 では、2まいります。

 写真は、ここからゆうくん撮りです。






j現地ガイドさん

 長い飛行機移動が終わり、
カイロ空港で出迎えて下さった、現地日本語ガイドさん。
 女性でした。

 今回のツアー39人と同行して下さいます。

 観光バス(トイレ付)に乗り込み、
考古学博物館に向かいます。

 ツーリストポリスもバスに同乗です。
ツーリストポリスの男性は、観光旅行中の様々な
トラブルに対応して下さるとの事。

 しつこい物売りの対応も、してくれるそうです。



rイヤホンガイド

 イヤホンガイドが配られました。
手のひらサイズで、電源と音量調整が付いていました。
 首から下げるストラップ付になっています。
付属のイヤホンを付けます。

添乗員さん 「なくさないように気を付けて下さい。
         なくしたら、本体代4500円頂きます。」

 なるほど。心して使わねば。 

 博物館内部の写真撮影は、
カメラ料金(50エジプトポンド)が必要ですが、
ツアー料金に含まれています。
 ツタンカーメンの黄金のマスクと、マミールーム
(ミイラの部屋)は、撮影禁止でした。




w入口

 考古学博物館に入る時は、沢山の観光客で
押し合いへしあい。
 色んな国の人で大変混雑していました。

 現地ガイドさんは、どこ行った~?
 
 でも、イヤホンガイドがあるので、
少しなら離れてもガイドさんの話が聞こえます。
20メートル位まで離れると少しノイズが入るかな?
50メートル位離れると、音が途切れました。

 現地ガイドさんは・・・いたいた。
他のツアーのガイドさんも沢山いるので、
本当に、わちゃわちゃです。

現地ガイド 「右側にソッテ、並ンデクダサ~イ!
        手ニモツケンサがありマス!」

 なるほど。
このわちゃわちゃの右側にいればいいんですね。
イヤホンガイド便利。





博物館2

 エジプト考古学博物館の正面。
TVで見た憧れの博物館。







博物館3

 考古学博物館に入って直ぐの所に、
ピラミッドの天辺の飾りがありました。






博物館4

 イヤホンガイドで、宝物の解説を聞きながら進みます。

 







博物館5

 考古学博物館の1階から
上を見上げると、こんな感じです。

 




博物館6

 頭の後ろにいるのは、ホルス神です。

 鳩ではないそうです(笑)。





博物館7

 クフ王の座像。

 とても有名な王様ですが、
像はこの小さい物しか残っていないそうです。

 それにしても、こんな小さい物が
どうして『クフ王』だと分かったのでしょう?
今更気付きましたが、
見学中はそんな事を疑問に思いもせず・・・。
 
 



博物館8

 こちらは教科書で見た事があります。

 本物を見る事が出来るなんてとても嬉しいです。





博物館9

 金箔張りの厨子。








博物館10






博物館11







博物館12

 とても貴重な宝物の筈なのに、

「取り敢えずここへ置いとこ~。」

 って感じがするのですが・・・^^;  

 ミイラが置いてある『マミールーム』(別料金150エジプトポンド)
には、出国するまではゆうくんと「入ろうね。」って
話ていましたが、結局入りませんでした。




h集合

 博物館の見学を終え、バスが到着するまで
博物館のお庭で待っていました。

 閉館時間になり、夕暮れが近付いてきました。

 ツアーのみなさん、景色を眺めたり、写真を撮ったり。
思い思いに散らばっていましたが・・・。




i集合

 ライフル銃を持った警備の方に
「散らばっていないで、1ヶ所に集まって。」って
エジプトの言葉で言われて、
みなさんで1ヶ所に集まりました^^;

 何て言っているのかは、よく分かりませんよ。

 でも、
あきらかに、集まっていなさいって事は
しっかり伝わりました^^; コワイコワイコワイ


 1個だけ動画があります。
『続きを読む』で、どうぞ。


 3につづきます。

     
 いつも読んでくださって、ありがとうございます。



⇒ 続きを読む
赤いぴラミッド2

 こんにちは、アップルです。

 平成最後の4月に、
ゆうくんと2人で初めての海外旅行エジプトへ、
ピラミッドを見に行って来ました。

 この季節は、日中の気温はさほど高くなく、
過ごしやすかったです。

 セントレアから添乗員さん同行のツアーで、
現地ガイドとツーリストポリス付きでした。

 エティハド航空で、北京経由アブダビで乗継
カイロ着です。
 セントレアからカイロまで、19時間程かかりました。






アブダビ空港

 アブダビ空港です。乗継の待ち時間中。


 
ポテト

 アブダビでマクドナルドを見付けて、
ゆうくん 「ポテトが食べたいo(〃・ω・〃)o」

 って事で、買ってみました。

 ゆうくん、テンション上がっています♪
 お味はどうかな?

ゆうくん 「おいしい(*´ω`*)
      日本のよりサクサクしてる。」

 だそうです。アップルは食べていません。






f集合場所

 さて、出発の当日ですが、
飛行機は21時45分発でした。

 集合時間19時45分に充分間に合うように、
自分の車で向かいました。
渋滞も無くスムーズにセントレアに到着。

 ツアー会社のカウンター前に
かなり余裕をもって着きましたが、アップル達よりもっと早く
着いた方たちが、添乗員さんから説明を受けていました。

 先に説明を受けた方は、一旦解散。
この後集まった人達で、同じ内容の説明を受けました。




g添乗員さん

 添乗員さんは、女性でした。
とても話し掛けやすい雰囲気の方でした。

「黒帯持っています∑(`∀゚´*)」

 との事で、心強い。

 なにしろ初めての海外旅行という事で、
色々知らない事もあり、手際の悪い事も多々ありましたが、
旅行の様子を書いていきたいと思います。

 では、次回
ピラミッドを見に行って来ました2を
どうぞよろしくお願いします!




// HOME // NEXT